会長挨拶

会長 笹川隆人

日本スポーツ医科学学会は、スポーツ分野における医学、トレーニング学、栄養学、情報科学およびこれらに関連ある研究の連絡提携および促進を図り、もって学術の発展に寄与することを目的として設立された学術団体です。

スポーツ医科学という分野は日本体育協会が公認するスポーツドクターやアスレティックトレーナー、スポーツデンティスト(歯科)、スポーツファーマシスト(薬剤師)、スポーツ栄養士、さらには体育大学等に代表される研究機関、企業に牽引される形で現在に至っています。

一方、こうした団体・個人とは別に各業界団体の主催するスポーツに関する認定や資格も非公式ながらも多数存在しており、それぞれの情報共有・団体交流などもないことから、スポーツ医科学の分野で選手を取り巻く環境は非常に分かりにくいものであると言わざるを得ない状況にあります。

特にこれまでトレーナー活動の一翼を担っていた鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師・理学療法士・作業療法士は、それぞれのスキルや共通言語の違いにより連携した活動を行なうことが現実には少なく、現在のアスレティックトレーナーによるトレーニングからケアサポートが公式な活動へと変遷する中で、従来の選手への個人的なケアや指導については非公式な活動として記録や報告が残らないという事態となっています。

こうした現状の問題をふまえ、選手へのサポートを第一義に考えた共通認識醸成の場として研修や意見交流を通じ、それぞれの選手へのサポートの可視化をしっかりとした情報管理のもとに果たしていくことが今後ますます重要な問題となってくると考えています。

以上の経緯を背景に、当学会はスポーツ医科学分野の学術発展を図るだけでなく、他の学術分野との連携、地域連携を進めるなど新たな事業を展開し、スポーツ医科学領域のさらなる向上で社会に貢献していきます。